にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
↑記事読んだのでブログ村へ投票

2015年11月16日

スティックメロンパン

人気のメロンパン。
メロンは少しも入っていないけれど(笑)、サクサクの甘いクッキー生地としっとりしたパン生地の組み合わせ、嫌いな人はほとんどいませんよね。

教室でも何回も教えてきました。
プライベートでたくさんのパンを作る機会があり、その時にメロンパンを作りたいなと思いました。
でも、量やスピードが大切な大量仕込みの場合、メロンパンは手間がかかる。

何といっても成形が面倒なのですね。
そこで、市販されているスティックメロンパンのように作ろう!と思い立ちました。実は初めて。

分割しないでめん棒で大きく伸ばした生地の上に、柔らかくもどしたクッキー生地を重ねて伸ばします。
DSC08067.JPG

グラニュー糖を散らして、スティック状に切り分けます。急いでいたので切り方が雑ですね。。。
DSC08068.JPG

軽く発酵させ、オーブンで焼けばでき上がり!
一度にたくさんできます。
DSC08072.JPG

成形のストレスが半減しました。子どもにも食べやすい形です。
メロンパンを簡単に作りたい方お試しあれ!
posted by lesucrier at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | パンの作り方

2015年11月13日

シュトーレンレッスン始まりました!

DSC08116.JPG

もうブログの書き方もわからなくなってしまっている感覚ですが、ゆっくりペースで綴りたいと思います。

昨日はいよいよクリスマスのパンレッスン初回、準備に慌ただしくしていましたが無事開催できました。

もう何年も前、パンを習い始めてしばらく経った冬にシュトーレンの作り方を学びました。「買わなくても自分で作って食べられるんだ!」と感動した手作りのシュトーレンの美味しさ、忘れられません。クリスマスの時期しか売っていない(当然ですが)、しかも値段が高い、どうやって作るのか見当もつかない。。。ちょっと高嶺の花といったパンでした。

習ってみて、確かに作るのは面倒ですが(言っちゃった!)、家で好きなだけ作れる、材料を加減できる、何よりクリスマス時期に友人にプレゼントするとすごく喜ばれる!といいことがたくさんあります。

ル・スクリエでももちろん何回も教えてきましたが、去年と一昨年はパネトーネやリースパンなど、別のクリスマスのパンを紹介してきました。私自身が赤ちゃんがそばにいて、試作やレッスンするのが大変だったからという理由もあります。

でも息子もすっかり大きくなり、「今日はパン教室なの?」と聞いてきたり、個人レッスンの時は2階でひとり、いい子で待てるようになったりと成長を感じます。私もそろそろシュトーレンレッスンやりたいなあと思い、試作してきました。

今年のル・スクリエのシュトーレンは今までのレシピを改定しました。できるだけ作りやすく、材料も近場で揃えられるようにと考えました。カレンズやマジパンなど比較的手に入れにくいものを抜き、スーパーは無理でもカルディとか、その辺には売っているマロングラッセなどを追加。なかったら栗の甘露煮でもいいですよ!

あとは何と言っても作り方。
こうなって、
DSC08104.JPG

こうなる。
DSC08120.JPG

何のこと?と言われると思います(笑)
普通は全部最初に混ぜ合わせてこねるのですよ。今までずっとこの方式で教えてきたし、自分でも作ってました。
今年はドライフルーツ後混ぜ方式!プラス、ドライフルーツを前もって洋酒やジュースに漬けておく手間を簡略化しました。

シュトーレンの作り方、実はそれほど複雑ではありません。焼き上がった後すぐにバターを染み込ませたり、粉糖まぶしてねかせたり、という手間はもちろんありますが、中種を作るわけでもなく全部を合わせて丸め、発酵させるだけ。

でも何がそんなに面倒くさく感じさせるのか、それは「材料を揃えること」です!
たくさんの種類のドライフルーツ、ナッツ(ロースト処理など)、たっぷりのバター、粉糖…お店で売っているシュトーレンが小さいのにあんなに高いのには理由があります。自分で作るとしたら材料費と光熱費くらいで済みますが、材料費自体ばかにならない値段です。。。

それに加えて、必ずのように「ドライフルーツは前もって(数日〜1か月ほど)洋酒に漬けておく」というステップがあるのですが、それがグーンとハードル上げていると思います。

私はお酒を飲まないのでりんごジュースに漬けることが多いですが、でき上がりの日から逆算して12月に入るといつまでに漬けておかなきゃ、と気持ちがせいてきます。これを解消すべく、あれこれ試しましたよ。

そして自信作ができ上がりました!
平日レッスン、3名の方と可愛い女の子が来てくださいました。

まずは発酵させた生地を平らにならして。。。ベテランのAさんは手慣れた手つきです。
DSC08121.JPG

後混ぜ方式キター!成形の時にドライフルーツを合わせます。
DSC08120.JPG

そして成形にもやりやすいコツをお伝えしました。
クリストシュトーレンの成形に挑戦!
DSC08127.JPG

オーブンでじっくり焼いて。。。ついに焼き上がり!
DSC08134.JPG

熱いうちにバターを塗ります。Kさん、この作業毎日してますね、というくらい鮮やか!
DSC08137.JPG

最後に粉糖をたっぷりまぶします。Mママがコロッケのように(笑)上手にまぶしていると、娘のSちゃんがやってきて。。。
DSC08138.JPG

やりたい!と言ってお手伝い。さすが女の子、上手にできました。
DSC08135.JPG

レッスンでも言いましたが、市販のシュトーレン、毎年値上げしてる気がします。材料のバターもドライフルーツもくるみもどんどん高くなっているから仕方ないと思いますが、それにしても…木箱入りで5,000円近いものまで!なんて強気なんだ。。。小さめのもので1,500円くらいですかね。

パン教室のシュトーレンのレッスンも5,000円以下でできるところはほとんどないのでお得ですよ!
お一人1本持ち帰りになれます。

試食分は私の方で前もって作っていたものをお出しします。
切ったところ。
DSC08142.JPG

一切れですが(笑)味をお確かめください。
DSC08144.JPG

さすがにクリスマス当日までとはいきませんが、けっこう日もちします。
土曜は締め切りましたが、11月末に平日レッスンできますのでぜひどうぞ。
posted by lesucrier at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | パン・保存食教室のこと

2015年11月04日

11・12月のパン教室のお知らせ

DSC00078.JPG

バタバタしているうちにすっかり寒くなり、11月に突入してしまった!

10月は5年ぶりに私の故郷に墓参り旅行したり、子どもの運動会に行ってみたりといろいろと動きました。
そして子どもの幼稚園が無事決まり、ほっとしています。

お知らせが遅くなりましたので、11月と12月2か月分の日程を出したいと思います。
肝心の内容は、
11月:クリスマスのパン
12月:サンドイッチレッスン(ライ麦パン)

クリスマスのパンは11月のうちに作ることにしました!ぜひゆっくりと復讐して、12月に自家製パンでクリスマスを祝ってほしいと思います。
また12月は改めてお知らせしますが、ケーキ型のライ麦パンをお一人一台作ります。粉の量も今までで一番使うので、このレッスンはパン1種類のみのご紹介です。みんなが集まる年末年始やお祝いにぴったりの大型パン。お楽しみに!

11月
一般クラス
午前クラス(10時30分〜13時30分)…11月27日(木)

午後クラス(14時30分〜17時30分)…11月28日(土)


12月
一般クラス
午前クラス(10時30分〜13時30分)…12月17日(木)

午後クラス(14時30分〜17時30分)…12月12日(土)


どちらもお子さん連れの方参加可能です。
※お子さん連れでない方、小さい子どもと同室にてレッスンになることをご了承いただけますようお願いします。

HPのスケジュール欄には掲載しませんが、11月19日(木)もクラス開催可能です。

上記日程以外でお子さん連れ、個人レッスンをご希望の方は別途調整できます(私の子どもが同席)。ご興味ある方は問い合わせください。
パン教室に参加される方は、蓋つきのプラスチック製容器(ジップロックなど、400〜500ml程度の容量)をお持ちください。

☆ご希望があればアロマタッチいたします☆
DSC05483.JPG

アロマタッチテクニックは、doTERRA(ドテラ)社のエッセンシャルオイルを使用し、頭、背中、足裏をトリートメントするものです。高品質で純度の高い8種類の精油を、薄めずに原液のまま順番に脊柱に垂らして精油を体内に染み込ませます。このトリートメントをすることにより、病気の原因となるストレス、毒物によるダメージ、炎症反応、 自律神経失調症の分野に働きかけ、バランスの取れた体に戻すサポートをします。

30〜40分かかります。上半身脱衣した状態で施術します。(要予約)
オイル代¥1,000+施術代¥1,000(初回のみ、2回目以降は別途)

2015年09月28日

10月のパン教室のお知らせ

DSC08646.JPG

もうすっかり秋の気候になりましたね!
大好きないもくりなんきんの季節到来、3回くらい栗ご飯を作りました。

9月の教室の様子も上げないうちに10月のお知らせをするのが申し訳ないのですが、どうにもブログに手がつけられず。。。

10月は今流行りの?「ちぎりパン」を作ります。
常連さんはご存知だと思いますが、私は結構流行りもの好き(笑)。
ル・スクリエでは何年も前からリング型やスクエア型で作っていますが、確かにちぎりパンって食べやすいです!うちの子もひとりで上手にちぎってモグモグしてますよ。

写真は以前個人レッスンで作った「マシュマロちぎりパン」です。これとっても美味しかったので、このまま作るのもいいかな、と思いますが、ハロウィンのある10月なのでかぼちゃと2色にするか、それとも生地はシンプルにしてデコレーションするかなど考えています。ご希望のちぎりパンがあれば、それにできますのでお申し付けくださいませ。

もう一種類はシンプルなハードパンです。

一般クラス
午前クラス(10時30分〜13時30分)…10月15日(木)

午後クラス(14時30分〜17時30分)…10月24日(土)

どちらもお子さん連れの方参加可能です。
※お子さん連れでない方、小さい子どもと同室にてレッスンになることをご了承いただけますようお願いします。

HPのスケジュール欄には掲載しませんが、10月29日(木)もクラス開催可能です。

上記日程以外でお子さん連れ、個人レッスンをご希望の方は別途調整できます(私の子どもが同席)。ご興味ある方は問い合わせください。
パン教室に参加される方は、蓋つきのプラスチック製容器(ジップロックなど、400〜500ml程度の容量)をお持ちください。

☆ご希望があればアロマタッチいたします☆
DSC05483.JPG

アロマタッチテクニックは、doTERRA(ドテラ)社のエッセンシャルオイルを使用し、頭、背中、足裏をトリートメントするものです。高品質で純度の高い8種類の精油を、薄めずに原液のまま順番に脊柱に垂らして精油を体内に染み込ませます。このトリートメントをすることにより、病気の原因となるストレス、毒物によるダメージ、炎症反応、 自律神経失調症の分野に働きかけ、バランスの取れた体に戻すサポートをします。

30〜40分かかります。上半身脱衣した状態で施術します。(要予約)
オイル代¥1,000+施術代¥1,000(初回のみ、2回目以降は別途)

2015年09月05日

卵不使用のアイシングクッキー教室

7月に開催したレッスンなんですが。。。
個人レッスンでリクエストをいただきまして、「卵を全く使用しないアイシングクッキー」レッスンをしました。そちらの様子を載せておきたいと思います。

ご存知のように、アイシングクッキーには卵が不可欠。クッキー生地にも使うし、何よりアイシング!卵白を使わないアイシング、市販のものでもお教室でも見たことないです。

よく、着色を自然な食品から、ということで食紅やジェルカラーを使わずに紫芋パウダーやかぼちゃ、ジャムなんかで色をつけるのは聞いたことがありますが。

でもそうなると、卵アレルギーを持つ人はアイシングクッキー、食べられないのですよね。仲間はずれという気がしたことがあります。パンは卵や乳製品を全く使わずに作ることができますし、たまに紹介したりしますが、クッキーで卵完全不使用というのは自分でも初めてのチャレンジでした。

久しぶりのアイシングクッキー教室!
DSC06785.JPG

個人レッスンということで、いつものお絵描きだけではなくクッキー生地のレシピもおつけしましたよ。特に今回は卵やバターを使わない自然派クッキー。生地作りも一緒に行いました。
DSC06788.JPG

てんさい糖や菜種油、全粒粉を使ってやさしい味のクッキー。小さいお子さんのおやつにもオススメです。

普段は講義しないクッキー生地を平らに伸ばすコツなどもお伝えしました。えいえい。
DSC06789.JPG

綺麗に平らな生地ができ上がり!
DSC06790.JPG

レッスン用には前もって焼いて熱を完全に抜いておきます。小さめ4種類の型を使って。
DSC06784.JPG

肝心のアイシングの練りや着色。着色も自然なものでやりたかったけれど、内容パンパンなので今回はウィルトンで。
DSC06796.JPG

いつものアイシングより水っぽい、それもそのはず、「水アイシング」です!
卵臭さがないし、固さ調整のめんどくささとも無縁。昔ながらの粉糖と水のみのアイシング。
こちらはドテラのレモンオイルを加えて爽やかなレモン味にしています。
DSC06783.JPG

写真はありませんが、この間にコルネの作り方と詰め方、持ち方などもレクチャーしました。

アイシングは初めて、ということで基本的な描き方をお伝えし、あとは実践あるのみ!
DSC06798.JPG

ジャーン、これが卵完全不使用のアイシングクッキー。
DSC06801.JPG

透明感がある仕上がりで可愛らしい!でもアイシングは当然ながら水のみなのでダレやすいです。やはり水のみだと劣化が速いのでロイヤルアイシングのように何週間もそのままの美しさを留めることはできません。
しかしながら、卵が全く食べられない人にも喜んで食べてもらえる可愛いクッキー、前日くらいに作ればプレゼントできますよ。

こんな風にラッピングしてお持ち帰り。
DSC06803.JPG

ロイヤルアイシングは何度も扱ったことがありますが、この水アイシングにちゃんと向き合ったのも、生地作りの最初からトータルでレッスンしたのも初めて。感想は「アイシングクッキーっていろんな手順をやらないとできないんですね!」でした。そうなんです。家で一から作るとなるとけっこう時間がかかるのです。でも、全部の行程をひと通りさらったので、家で時間がある時チャレンジしてほしいです。
Iさんありがとうございました!

個人レッスンは別料金ですが、このようにいろいろなリクエストにお応えします。
10月はお料理のレッスンを予定しています。
またレポートします!
posted by lesucrier at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | パン・保存食教室のこと

2015年09月03日

子連れクラスの様子

全然クラスの様子を載せていませんが、今日は渾身の?レポートを。。。!
時々、お子さん連れのクラスを開催しています。

本日はママさん&乳児が3組。ママ友同士で参加してくださいました。
みんな色白、ハンサム&美人さんな赤ちゃん、それぞれママに雰囲気が似ているなあと思いました。

リクエストは作りやすいパンで、ベーグルをチョイス。もう一種類のパン、初めての方や初心者の方はプチパンを紹介しています。

赤ちゃんたちは眠い時間帯だったのか、あちこちから泣き声が。眠い時ぐずるのは当たり前なので、気にしないで相手してくださいね。

3人ともえい!っとおぶってレッスンを受けられました。パンをこねたり作業をするのは前傾姿勢になることが多いので、重い赤ちゃんを背負いながらのママたちを見てすごいな、と感じました。
私も少し前までおぶったり一日何時間も抱っこしたりしていましたが、今はもうできないなあ。赤ちゃんと離れられない時期でもいろんなことを学びたいと思う気持ち、素晴らしいですね。できる限りママたちの気持ちに応えたいと感じます。

パン作り初心者とは思えないほど皆さん手つきがよく、上手でした。
お友達同士で和やかに作る時間、楽しいですよね。背中では陥落した人がカックリと。。。(笑)
DSC07261.JPG

こちらのママさんもプロっぽく粉を振ります。
DSC07269.JPG

その頃、お子さんは。。。アタチもママに負けないくらい上手にカップを持てるのよ!
1人でたくましく遊んでくれました。
DSC07266.JPG

ベーグル、秘伝?の簡単成形を紹介したところ、皆さん綺麗な形にできましたよ。
DSC07264.JPG

たまにママ。。。と寂しくなってずりずり寄ってきたり。なんて可愛いんでしょう!
DSC07267.JPG

つかまり立ちを披露してくれたり。もうすぐ歩けそう!
DSC07276.JPG

なんとなくやり取りして一緒に遊んでいたり。
DSC07273.JPG

普段、イヤイヤと自己主張が強くなった3歳児と一緒にいるので、ふわふわの赤ちゃんが3人も来てくれて癒やされました♡

さてでき上がり。ベーグルもプチパンもいい色に焼き上がりました!
DSC07274.JPG

うちの息子はレッスンの間、2階でずっとテレビ&iPadを見て過ごしていましたが見事に気配がありませんでした。それだけ熱中していたのですね。。。末恐ろしい。

試食の時に呼んで一緒に食べたのですが、変顔連発で恥ずかしいったらないです。
「赤ちゃんにぶつからないように気をつけてね」と言ったら、一応椅子の上におもちゃを置いてそこで遊んでいました。

おまけに久しぶりの僕ちゃんショット。3歳児の能力を見ろ!こんなにいろいろできるんだぜ。
なぜか意味もなく片足を上げておままごとのケーキを切るお兄ちゃんでした(笑)
DSC07277.JPG

天然酵母のパン、添加物も入っていない、塩分や油分も控え目のやさしい味がいいなといつも感じているのですが、ぜひおうちでも作ってみていただけたら嬉しいです。

試食の際「おいしい!」と言ってもらえてヨカッタ!
「ゆっくり食べられるって幸せ〜」と仰っていたのが印象的でした。
小さい子のママはなかなか自分の時間を持ちにくいですものね。

狭苦しい所ですが、子どもと一緒に習い事、自分時間を見つけたい方はぜひどうぞ。
このように複数で参加の場合はリクエストメニュー対応できます。
おひとりでも日程を調整したりできますのでお問い合わせください。

皆さんありがとうございました!

posted by lesucrier at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | パン・保存食教室のこと

2015年08月22日

9月のパン教室のお知らせ

8月も残り10日足らず。
夏休みのお子さんがいる家庭では早く過ぎてくれー!と思っているのではないでしょうか。

すっかり休んでしまっていますが、私はパンの食べ歩きはほとんどできず、毎日毎日洗濯に明け暮れております。そう、3歳を迎えた息子のトイレトレーニングをしているのです。

3歳の誕生日翌日から始めて約1か月。普通は2歳台にするようで、我が家は完全に出遅れた感が。いやあ、こんなに大変だとは。。。本人のやる気と親の忍耐の両方が必要だとわかりました。まだもう少しかかりそうなので、涼しくなるまでこの調子で頑張りたいです。

お知らせもこの時期になってしまいました。
9月のパン教室では今までと製法を変えて、「こねないパン」を作ります。
ル・スクリエは「手ごねパン教室」ですから、毎回手ごねで作るパンを紹介しています。
でも今まで生徒さんから「手がベタつくのがつらい」「10分以上こねるのが疲れる」「ネイルをしているのでこねにくい」「年をとってきて力が入らない」などなど、「手でこねる」ことについて苦労があることをたくさん耳にしました。

私自身はこねた方がおいしいと思うので、普段食べるパンはしっかりこねます。ただし手ごねとは限りません。ニーダーがありますし、機械はムラのない均一な生地を作れるので、ほとんど機械ごねをしています。

しかしながら子どもを持ってから、パン作りが億劫に感じる気持ちがよくわかるようになりました。今は子どもが育ってきて一緒に作ったりできるようになりましたが、赤ちゃんの頃は15分ですら手が空かないというドタバタした毎日に愕然としたものです。

そこで、こねずにグルテンを生成し、熟成させてこねた生地と同様に旨味や膨らみを出せるよう試作を重ねてみました。小さいお子さんがいる方やお仕事で忙しい方、お年を召した方でも作れるパンを紹介したいと思います。

手を汚さずに生地作りをするのは今回が初めてかも?
今までパン作りを躊躇された方もぜひどうぞ!
「ブール」「ナン」「マフィン」などいろいろできます。何が出るかお楽しみに!

一般クラス
午前クラス(10時30分〜13時30分)…9月17日(木)

午後クラス(14時30分〜17時30分)…9月12日(土)

どちらもお子さん連れの方参加可能です。
※お子さん連れでない方、小さい子どもと同室にてレッスンになることをご了承いただけますようお願いします。

HPのスケジュール欄には掲載しませんが、9月4日(金)もクラス開催可能です。私の息子も同席します。月始めにパンが作りたい!という方メールください。

上記日程以外でお子さん連れ、個人レッスンをご希望の方は別途調整できます(私の子どもが同席)。ご興味ある方は問い合わせください。
パン教室に参加される方は、蓋つきのプラスチック製容器(ジップロックなど、400〜500ml程度の容量)をお持ちください。
今回は特に、ヘラでこねたベタつく生地を容器に入れた状態で持ち帰っていただきますので、容器をお持ちでない方は生地の持ち帰りなしか、実費(50〜100円)にて容器をお渡しすることになります。

☆ご希望があればアロマタッチいたします☆
DSC05483.JPG

アロマタッチテクニックは、doTERRA(ドテラ)社のエッセンシャルオイルを使用し、頭、背中、足裏をトリートメントするものです。高品質で純度の高い8種類の精油を、薄めずに原液のまま順番に脊柱に垂らして精油を体内に染み込ませます。このトリートメントをすることにより、病気の原因となるストレス、毒物によるダメージ、炎症反応、 自律神経失調症の分野に働きかけ、バランスの取れた体に戻すサポートをします。

30〜40分かかります。上半身脱衣した状態で施術します。(要予約)
オイル代¥1,000+施術代¥1,000(初回のみ、2回目以降は別途)

2015年08月01日

8月の保存食教室のお知らせ

421_5.jpg
(画像はイメージです)

保存食教室開催のお知らせです!

夏真っ盛り、キャンプなどアウトドアを楽しむ人もたくさんいることでしょう。
キャンプといえば「燻製」に憧れるお父さんや旦那さんが多いのでは?

なんとなく男の料理的なイメージがある燻製ですが、もちろん家の中でも作れます。
そこで保存食教室では「かんたん燻製」を作ることにしました!
一般的には燻製器やスモークが必需品、道具や庭や知識がないとできないのでは…とちょっと敷居が高いですね。

ル・スクリエでは家のキッチンで簡単に作れる燻製の方法をお伝えしますのでお楽しみに!

8月27日(木)13時30分〜15時、3,000円です。
持ち帰りは燻製した食品をジップロックの袋に入れてお渡しになります。
また、帰ってからすぐに作れるように(あ、鍋はご自分で用意してくださいね)、スモークチップをお土産におつけします。
※材料調達の関係上、開催1週間前の8月15日(木)までにお申込みください。


こちらは2名様より開講します。お子さん連れ歓迎!
燻製料理をマスターして、家の中でも外でも楽しみましょう。

2015年07月31日

8月のパン教室のお知らせ

皆様ご無沙汰しております。。。
途切れ途切れなブログですが、まる1か月も何も書かなかったのは初めてかも?
5月末くらいから早くも夏バテ症状が始まり、今年は殊の外気力減退が激しくて「ブログうつ」状態でした。

7月のレッスンは昨日ですべて終了、やっぱり全部終わるまで気が抜けずにいました。
暑い中いらしてくださった皆さん、本当にありがとうございました!
自分のコンディションは良くなかったものの、7回のレッスンを行うことができて感謝しています。

産休以外は毎月レッスンを行っていますが、8月のパン教室一般クラスは夏休みにしたいと思います。
講師である私もリフレッシュし、有益なパン情報をインプットする必要があると感じました。
8月は少し遠くのパン屋を巡ったり、自分で酵母を起こしたり、秋冬の教室メニューの試作を行ったりしようと考えています。

一部の個人レッスン、土曜クラス(3名の方が予約くださったので締め切ります)、お子さん連れのクラスは行います。
夏休みといってもわが家は特に遠出の計画もなく居りますので、8月にパンを作りたい!という方はお問い合わせください。お盆とかばっちりレッスン可能です(笑)

9月は気持ちも新たにレッスンします。日程やメニューは8月に入ったら早い時期にお知らせしますね。

パンはお休みですが、久しぶりの保存食教室は行います!ご都合つく方はぜひどうぞ!

2015年06月29日

リストランテ濱崎シェフ×日本ニーダー講習会

先週のこと、いつもお世話になっている日本ニーダーさんの講習会に参加しました。
日本ニーダー(ニーダー、発酵器)×リンナイさん(会場、設備)×プロによるコラボレッスンも3回目。
今回は予約の取れないイタリアン「リストランテ濱崎」の濱崎龍一シェフによる「パンとイタリアンの講習会」!

私はイタリアン、食べるのは大好きですが作るのがどうも苦手。
夫はパスタが好きなのでいつも「パスタが食べたい」とリクエストするのですが、作っても褒められたためしがないのです。
プロのイタリアンシェフの腕を間近に見るまたとない機会、たくさん学ぶぞー!と楽しみに参加しました。

こちらが濱崎龍一シェフ。気さくで優しい方でした!
DSC06705.JPG

最初に発酵に時間がかかるパンを日本ニーダーさんのニーダーで仕込みます。
イタリアンということでフォカッチャ。お店で使っている粉で仕込みました。
うちの教室でも同じ機種に替えましたが、本当にいいですよ!このニーダー。
DSC06695.JPG

場所は浜松町のリンナイさんのショールーム「Hot.Lab浜松町」。ここではリンナイの最新のガス器具が展示・使用できるのです!

去年発売されたガスコンロの上位機種「DELICIA(デリシア)」。機能もさることながら、デザインも素敵なんです。
DSC06696.JPG

フォカッチャはこのデリシアで使えるダッチオーブンで焼きます。熱が綺麗に回ってすごい厚み!
DSC06699.JPGDSC06741.JPG

表面はオリーブオイルでカリッと焼けましたが、中身はふんわり。生地には全く油脂が入っていないので、オリーブオイルの量を調節できるのがいいですね。
DSC06752.JPG

いよいよ濱崎シェフのデモンストレーションが始まります。
まずはお店オリジナルの「パルミジャーノのカリカリ焼き」。
すりおろしたパルミジャーノ・レジャーノのみ、水も調味料も使わずに作ります。
熱くしたスライパンにチーズをのせて。。。
DSC06710.JPG

アルミ箔を巻いためん棒にすかさず巻きつけると、くるんとしたかわいい姿になります。
DSC06745.JPG

盛り付けるとこんなにお洒落になった!
DSC06716.JPG

お次はこれぞイタリアン!なパスタ。「シラスとトマトの冷製カッペリーニ」。
駿河湾産の新鮮なシラスを持ち込んでの調理。トマトも産地の違うトマトを合わせて使い、トマトソースの作り方を伝授してくださいました。

とっても温厚そうなシェフですが、調理中の作業は流れるようで隙がなく、見とれてしまいました。
盛り付けた皿よりシェフを見つめてしまう(笑)
DSC06722.JPG

でき上がりはこちら。パスタもお皿も美しいです。
DSC06732.JPG

最後はメインの肉料理。「仔牛ロースのカツレツ ミラノ風」。
フランス産の仔牛で作った一品、これが絶品でして!
家庭では豚肉で代替できるとのこと、ぜひ作りたいと思いました。

丁寧に作り方を教えてくださるシェフ。生徒である私たちは全員パン教室の先生ということで、主婦よりももう一歩踏み込んで?お客さんに出すという視点でいろいろなコツも話してくれました。

衣はなんと3度づけなんです!家でも教室でもこんなに手間かけたことなかった。。。
DSC06733.JPG

ワクワクしながら見守り、完成した際には歓声が(笑)
DSC06740.JPG

このカツレツ、試食の際に出されたプラスチックのフォークでもサクッと切れる柔らかさでびっくり!本当に美味しかったです。

イタリアンはフレンチに比べて割とカジュアルな印象があったのですが、プロの仕事は丁寧で、家庭料理とは全然違うなと感じました。たくさんの知られざるワザがあり、今まで自己流で作っていたイタリアンがいかにテキトーだったかわかりました。

私もこれを機にパスタを美味しく作れるように研鑽したいと思います!

前回同様、他の教室の先生たちとお話しできたり、たくさん刺激を受けることができました。
この機会に感謝しています。
日本ニーダーさん、リンナイさん、そして濱崎シェフありがとうございました!


posted by lesucrier at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | パンにまつわる