にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
↑記事読んだのでブログ村へ投票

2016年12月12日

ニューボーンフォト

妊娠や出産は、女性の人生で特別な経験。
生き方が変わってしまうくらいの大きな変化をもたらす事象だと感じます。

一方で、人類が皆行ってきたごく当たり前の行動でもあります。
そう、一旦生まれてしまえば後は果てしないかのように毎日続く育児。。。

そんな日常が始まり、今は赤ちゃんのお世話にどっぷり、寝不足と疲れでフラフラの日々です。
いつまでも続かないとはわかっているのですが、真っ最中の今は辛いです!

きっと今回が最後の妊娠・出産になるだろうと思いながら妊娠中過ごしていました。
もうマタニティ服を着ることも、大きくなるお腹を抱えて過ごすこともなくなる、何よりお腹の中で動いたり大きくなっていく赤ちゃんとの一体感も、もう二度と感じることができなくなるんだなと思うと、あんなに大変だったのにとても懐かしくて名残惜しく感じます。

何か記念になるようなものを残したいなと思っていたところ、昔からの友人であるまちこちゃんが
フォトグラファーとしてお仕事を始めたとの知らせを受け、これだ!と感じました。

昔からとってもセンスが良くて素敵な女性だな、と感じていたのですが、プロとしてのカメラの腕も素晴らしい!
彼女のブログNICCORI
http://ameblo.jp/machiri-na-h/

スクラップブッキングもプロ級、料理上手などなど、才能豊かで愛情あふれる3人の子どものママでもあります。なんとご自宅の一室を自分で改造して、おうちスタジオを作っちゃったそう!

今回、その自宅スタジオにお邪魔しての撮影となりました。
私が希望したのはニューボーンフォト。
マタニティフォトもいいかなと思ったのですが、なにせ体調が悪いのと体重が増えすぎて見栄えが悪すぎるので却下(笑)
外国人の知人のFBなどで見かけるようになった新生児の写真を見て、憧れていたのです。

生まれて間もない赤ちゃんは本当に特別な存在。か弱くて小さくて、でも周りの人みんなを幸せな気持ちにさせてくれる力があります。
その特別な期間限定の写真を残しておけたらなあと。上の子の時も家でバシャバシャ撮りましたが、背景にオムツが映り込んだり、とにかく生活感満載で。それはそれでいい思い出ですが(笑)

まちこちゃんのおうちは我が家から近いので、赤ちゃんと上の子を連れて喜び勇んで参りました。
そうそう、お友達のキャラ弁師匠、よんぴよままさんも見学に来てくれて、なぜかアシスタントとして働いてくれました(笑)うちの子と遊んでくれたり、小道具を持ってきてくれたりとホント助かりました!
彼女のブログで当日の様子を紹介してくれています。
http://ameblo.jp/sanpiyomama/entry-12224828881.html

私にとって憧れの2人の女性と過ごせてビシビシ刺激を受けました!
2人みたいに家族を愛しながらも、自分の技術や才能を伸ばして働きたいな〜。

さて、撮影が始まるとまちこちゃんは友人から写真家モードへ。
でも赤ちゃんのペースに合わせてくれて、途中で休んだり授乳したりしながらリラックスして過ごせました。
上の子のために興味を引いて話しかけてくれたり、たくさんの可愛すぎる赤ちゃん用小道具を用意してくれたりとママフォトグラファーならではの気遣いがありがたかったです。

そして撮影した写真はこちら。
見てください!師走に入っての撮影、こんな可愛いサンタになっちゃった!
AH6A4447.jpg

女子の念願、ティアラをちょこんと載せてプリンセスっぽく。
髪の量が少ないのでピンで留めたりせずに載せただけ、一瞬のタイミングをつかんで撮影してました。
AH6A4459.jpg

この日、上の子は幼稚園を休ませて連れて行きました!ぜひ兄妹や親子で撮りたいと思い。。。
連れて行ってヨカッタ!3人で一緒に撮れました。お兄ちゃんになったばかりの僕ちゃんの初々しい感じがよく現れています。
AH6A4350.jpg

ぜひ撮りたかった、オールヌードの赤ちゃん。
泣いてしまったのだけど、いい感じに撮れました。
生まれたばかり、今は私の両手に乗るくらい小さな赤ちゃん。でもやがて成長し、この手を離れていく日が来るんだなあと考えると早くも切なくなります。
AH6A4616.jpg

赤ちゃんの撮影が終わってお着替えやおむつ替えをしている間、まちこちゃんは上の子をその気にさせて撮影してくれました。家では撮れない表情で可愛い!
AH6A4713.jpg

私と赤ちゃんのショット。白黒でとっても気に入っています。
AH6A4604-2.jpg

赤ちゃんを撮影するのはけっこう難しいと感じました。
うちの子は割とすぐに泣いてしまうし、音や振動に敏感で着替えひとつさせるのもぐずったり。
そんな中でもいい表情を引き出してくれるプロの技量に感嘆しました。
ベビー、キッズ、マタニティー、ファミリーなど、本当にオススメです!
まちこちゃんへのお問い合わせはこちらまで。
senakanon@gmail.com

我が家は写真館などで撮ったことがなかったので、初めてのプロの撮影。
でき上がった家族の写真を見ていると、育児や家事の毎日は平凡だけれど、その日常や見慣れている家族が実は本当に大切なもので、一生の宝物なんだと教えてくれるような気がしました。

まちこちゃん、素敵な写真とひとときをありがとう〜!
次は私のパン教室用のプロフィールをお願いしたいなあと夢が膨らんでいます(笑)
posted by lesucrier at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2016年11月28日

ご報告

皆さま、大変ご無沙汰しております。
季節がすっかり巡って、もう師走も目の前!
気がつけば世の中クリスマスシーズンなのですね。

ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、11月5日に無事出産しました。
10月終わり頃には生まれるはずと確信しておりましたが、予定日を3日超え、大きな赤ちゃんでした。
臨月に入ったあたりから体調は絶不調で、毎日息をするのも苦しいような状態でした。
上の子とつわりから妊娠中、そして出産もかなり違った感じ(今回の方がずっと辛かった)で、やっぱり40代の超高齢出産はしんどい!というのが正直な感想です。

でも、お産自体は時間が短く済んで、丸1日かかった長くて苦しい初産よりも、体力的にはだいぶ助かりました。最後の赤ちゃんを出すところは恐ろしく痛い時間で、短くても痛みが軽くなるわけではなかったのですが。。。産後は義母に手伝ってもらい、体を休めるようにしておりました。傷も前回よりだいぶ深かったし、ここで無理すると更年期に響く!何より久しぶりの赤ちゃんのお世話で疲れてしまい、他のことをやる余力がほとんどありませんでした。
2人目以降は上の子のお世話もあるので、無理をしがちだと感じます。実際、幼稚園の送迎や準備など毎日のことがあるので、料理や送迎を引き受けてくれた義母に感謝の気持ちでいっぱいです。

産休前のパンのレッスンが9月頭にあり、そこからパンを焼いていません。こんなにパンを作らない期間が長いのはこの10年で初めてかもしれない。。。それくらい体調が悪かったんです。
今は普段の家事育児に復活してきたので、そろそろ種を起こしてパンを作ろうかというところです。ただし母乳育児の真っ最中なので、自分でたくさん味見するわけにもいかないのが悩ましいです。グルテンフリーの研究をしようかしら。。。

妊娠中はレッスンの中止や延期などでご迷惑をおかけした方もあり、申し訳ありませんでした。また、温かい言葉をかけていただいたりと、皆さまの優しさに感謝しています。今は赤ちゃんや家族のお世話や家事のペースをつかむのに必死で家の中も嵐のようですが(笑)、少しずつパンや保存食も作って、忙しい中でも作りやすいものをご紹介できるようにしたいです。

しばらくは子育て話オンリーの記事になると思いますが、お付き合いくださいませ。

生まれた日の赤ちゃん。上の子によく似ていますが、女の子だからか柔らかい雰囲気?
DSC01350.JPG

4歳過ぎてとうとうお兄ちゃんになれました!並ぶと巨大に見える僕ちゃんと、蝋人形のような赤ちゃん(笑)
DSC01501.JPG

最近は肉付きもよくなってきました。泣き声が大きく、夜寝ない赤ちゃんです!
DSC01514.JPG

posted by lesucrier at 13:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 子育てなど

2015年12月04日

クリスマスのアドベントカレンダー

子どもを持つまで全く興味がなかったアドベントカレンダー。
大の大人がやるものでもないでしょう、と思っていました。
でも今はたくさんの種類が売っているし、眺めているだけでも楽しくなりますね。

子どもが生まれ、2歳になった去年からなんちゃってアドベントを始めました。
我が家はクリスチャンなので、単にお菓子を毎日食べる、というのではなくちゃんと降誕の意味合いを教えたいと思っています。が、去年は子どもが小さくて意味が理解できず、途中でフェイドアウトしてしまった。。。

さて2015年は。
私は現在、20人くらいの子どもたちにいろいろ教えたり活動したりしています。
アドベントカレンダーの準備もしました。1人につき25日分のお菓子×30人分(教えている大人の分も)=750個くらいの小さな袋菓子や駄菓子を購入!二木の菓子で2時間くらい迷って数えて。。。すっかりお菓子に詳しくなりました(笑)

友人が聖書の言葉や毎日の小さな目標(喧嘩をしない、笑顔でいるなど)を小さな紙に印刷し、お菓子とセットにして子どもたちに配りました。1日にひとつ、紙に書いてあることを行ったらそのご褒美にお菓子が食べられる、という仕組みです。単にカレンダーをめくったりするよりいいなと思います。

我が家の子どもはまだそのメンバーには入っていないのですが、子どもがもうやらないと言うまで、毎年の習慣にしたいと願っています。

前出の友人、私たち大人のために素敵なボックスタイプのカレンダーセットを作ってくれました。
これ、全部自分で作ったそう!お店で売っているものよりもいい感じ、というかお店ではこんなきめ細かいセットは絶対に売っていないです。十数人分を一つ一つ手作りしてくれた友人の手間や愛が伝わってきました。
DSC08234.JPG

うちのアドベントカレンダー。手作りするのが夢?でしたが、結局ニトリで買った(笑)
DSC08233.JPG

お菓子を日付ごとにカレンダーにセットして。。。いよいよ開始!
DSC08240.JPG

手作りはんこのスタンプと、日付が入ってます。芸が細かい!
DSC08241.JPG

裏を返すとお菓子が見えるように入っています。
大人が好きそうなせんべいとかのど飴とか一応気を遣って選んでみた(笑)
DSC08242.JPG

久しぶりに登場の僕ちゃん、袋を開ける係に。
お菓子に釘付け!(笑)
DSC08247.JPG

この日は「お手伝いをする」。
ルビがふってあるので、自分で読めるのです。なんたる成長!ただし、お手伝いの意味はまだよくわかってない。
DSC08249.JPG

とりあえずその辺にあった大根をシンクに運んでもらってお手伝い完了。
喜々としてお菓子を食べました。

ただ今夫は激務の毎日なので、家族が揃うのは朝の30分間のみ。
その慌ただしい時間にアドベントカレンダーをみんなで開けてやることにしました。
家族で一緒に行うととてもうれしいです。

つくづく、今の子どもって与えられすぎだなと痛感しているし、わが子の教育も悩みが深くなってきましたが、このような機会を通して少しずつ「与える」「奉仕する」喜びを知ってもらいたいと願っています。また、たくさんのものを受けていることに対して感謝の気持ちをぜひ持てるよう、何度も教えていきたいです。

クリエイティブな友人のおかげでアドベントが楽しくできています♡自分の才能をたくさんの人のために使う憧れの女性です。私もこれを参考にして来年以降自作。。。できる気がしない(笑)
でもこんな風にラッピングしてあったり、クリスマス風のイラスト等があるとモチベーションが上がると実感しました。すごい参考になった!また、市販品のポケットは幅が狭くて使いづらいので、カレンダーは頑張って自分で作りたいです。来年まで1年かけてできるかしら。。。


posted by lesucrier at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2015年04月03日

子どもたちのイースターの活動

DSC05621.JPG

今週の日曜はイースター。
キリストの復活を祝う、キリスト教では非常に大切な記念日です。
この数年、日本でもいろいろなお菓子や調味料のメーカー、お店などでイースターを商戦にしようと頑張ってますよね。

我が家はクリスチャンなので、形ではなく中身を理解して大切にしたいと願っていますが、日本人ゆえ祝う習慣を持っていません。子どもが生まれ、喋るようになってきたのでそろそろ我が家のイースターの伝統を始めたいと思っています。

その参考になるのが子どもたちのイースターの活動。毎年この時期(春休み中)にやってるみたいで、私は長年子どもと縁がなかったので蚊帳の外。でも去年からこうした活動に関わるようになり、付け焼き刃ながらあれこれ準備したりすることが増えてきました。

今回の活動、1歳から小学生まで30人くらいの子どもたちが参加しました。大人数だし、年齢差もあって全員が楽しめるような内容にするってけっこう難しいと感じます。普段の子育てもそうですが、大人になったから自動的に子どもの面倒が見られるようになるわけではありません。子どもの発達や興味、能力などに関して理解する必要があると痛感します。あとは何と言ってもアイデア勝負な面が!

というわけで、子どもたちにイースターについて教え、楽しんでもらうという趣旨の活動を企画しましたが、友人がイースターに関するクイズやゲームを担当。それなりに盛り上がりました。私が担当したのはエッグペイントの部門。ゆで卵にいろいろな色をつけたり絵を描いたりするのですが、子どもの数が多いし年齢もバラバラ。絶対全員でやったら汚れたり割れたり大変だろうと予想しました。小学生でも中高学年なら絵の具を使ったりできると思いますが、今回は2歳のうちの子も一緒にやるのです。

で、超簡単なエッグラップを使うことに。冷めたゆで卵に綺麗な絵柄のビニール製のラップを巻き、熱いお湯にさっと浸すだけでラップが密着して可愛い絵柄の卵に変身!
試作で作りました。ちなみにエコクラフトでカゴも自作!こちらは別の機会に大人の女性の集まりで教えてもらって作ったのですが、私全然向いてない。。。こんな小さいカゴ作るのに疲労困憊でした!
DSC05620.JPG

市販されているエッグラップを買ってきて。。。
DSC05623.JPG

子どもたちに「お湯熱いからやけどしないようにねー」と注意して、後は本人たちがやりたがり。
DSC05624.JPG

全部で60個くらい、可愛いイースターエッグができました!
DSC05625.JPG

最後にお待ちかね、エッグハントです。
プラスチック製の卵にお菓子を詰め、部屋中に隠しておきます。小学生の大きい子とうちの子みたいなちっちゃい子がペアになり、卵を探して自分の袋に入れていく、というお楽しみ。300個以上の卵を数え、大量にお菓子を買い込み、1個ずつお菓子を詰めてシールで留めて部屋中に忍ばせ。。。と準備が大変なのですが、こちらも友人とその子どもたちが引き受けてくれました。大人も数人で準備に当たり、子どもたちのために頑張りました。

ちなみにうちの子、まだエッグハントの意味や仕組みがよくわからないのか車のおもちゃを手から離さず、ペアになったお兄ちゃんに促されても最初あまりやる気なし。

でも一斉にスタートし、他の子たちが階段を駆け上がって卵を探しに行くと何事かとびっくりした様子。お兄ちゃんに連れられて2階の卵があるフロアに行くと、いきなり車を投げ出して卵を探し始めた!目の色を変え、お尻をふりふりさせて卵にまっしぐら(笑)
結局お兄ちゃんの手を借りずに自分で10個の卵をゲットして嬉しそうにしています。

他の子どもたちも同様に、みんな一目散に探しては卵を袋に入れていました。
これが一番楽しめる活動だわ、と確信。節分の豆まきのように、楽しく思い出に残るのが一番効果的な教育かもしれません。

中のお菓子だけを持ち帰り、卵のカラは回収します。
うちの子も真っ先にチョコを見つけ、食べようとしていました。家に帰ってからよ!
DSC05628.JPG

子ども相手は意外と体力使うし疲れるのですが、今までにない経験ができます。私は子どもの扱いが下手だし遊びとかも全然知らないので、こっち方面は本当に苦手です。でもやっているうちに、今どきの子どもたちがどんなことを考えているのかわかったり、少しずつ仲良くなれるので段々楽しくなってきました。イースターの活動もつつがなく終えることができ、よかったよかった。こんな感じでピクニックに行ったり、夏祭りしたり、ハロウィンやクリスマスなどで集まって楽しく活動しています。

我が家でもプラスチック製のカラフルな卵を10個くらい購入して、家でエッグハントをしようと思います。こんな時、一人っ子って寂しいなあと感じますが。。。仕方ないですから、親の私たちも一緒に参加かしら。ご近所の皆さんもよかったら一緒にいかがでしょう(笑)
posted by lesucrier at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2015年01月06日

母親に寄り添い支える人、ドゥーラ

logo.png

出産を経験した方のうち、お産の前後で体や生活が変わらない人はいないと思います。
私が初産を経験したのは36歳。「高年初産」と言われるれっきとした高齢出産です。

いくら社会人経験が長くて仕事のキャリアがあっても、どんなに頭脳明晰な女性でも、もちろん何十年も生きてすっかり大人になっていたとしてもまるで太刀打ちできない世界、それが初めての出産とその後すぐに始まる新生児育児です。誰もが例外なく「世界がガラリと変わった」「こんなに大変だと思わなかった」と口にします。私もそうです。これはすごいド根性の世界だ、まるで違う星に来たみたいだ。そういう印象でした。

産後、実母が他界していて里帰りができない私の初産ということで、夫の母が手伝いに来てくれました。嫁と姑で気を遣う部分がお互いあったと思いますが、そんなこと言ってられない!あの時義母がいてくれて本当に助かりました。

現在は育児にも慣れ、おっぱいも終わり、体の不調を恒常的に感じることはありません。年齢的に2人目が産めるかどうか、そろそろリミットが見える年齢。一人っ子でもいいかと思いながら、もう少しの時間、望みたいと思います。

まだ来ぬ2人目ですが、実現するとしたら妊娠や出産に際していくつか懸念することがあります。
初産と違い、今度は上の子がいながらの妊娠生活・出産になります。お産の時、上の子をどうするか。
そして無事生まれたとしても再び義母の助けを受けられるか。私たちが中年の夫婦ということは、夫の両親も高齢です。いつまでも高齢の親に頼るわけにはいかなくなります。
何より、私自身の産後の体調。次のお産をするのは一段と高齢な年齢なわけですから、回復も遅くなるでしょう。

これはお金を払ってヘルパーさんみたいに誰かに来てもらうか、息子ともどもどこかで産後を過ごしたいな…と思っていました。同級生の有名人・小雪も産後、韓国の「産後ケア施設」なる場所にいたというではないですか。あと世田谷区だったかで産後ケア施設ができたと新聞で読んだりして、私の場合他人に助けてもらう必要があるのかなと思ったのです。

そんな折、昨年秋ごろ。夫のすぐ上の姉、義姉から「産後ケアの認定を受け、仕事をすることになった」と聞きました。それは「ドゥーラ」という呼び名で、海外では既になじみのある存在のようです。

「ドゥーラ」とは、妊娠・出産・子育てをする女性を、地域社会で支える存在です。出産前後の女性の心身がどのように変化するか知っている人。適切な産前産後の過ごし方を伝え、産後の身体に優しい食事作りなどの家事を担うことができる人。一方的な価値観の押し付けではない「おせっかい」が自然にできる人。母親に寄り添い、健康と幸せを願った本当に必要なサポートができる人−一般社団法人ドゥーラ協会の定義より。

日本でもこれからもっと必要とされる存在だわ、と感じました。一人っ子や高齢出産が増えて親や姉妹の助けを受けられない私のような女性が多くいると思います。旦那さんも多忙で助けを期待できない、周りに知人が少なく地域の縁のない人などなど。子育てが孤育てになっている、なんて言葉も聞きますものね。お産の時、初めてで何もわからず、ひたすら助産師さんのさすってくれる手のぬくもりと励ましや叱咤を心の支えにして乗り切りました。産後も同じように、そばにいて家事を手伝い、おっぱいが出るような料理を作ってくれて子育ての不安や悩みを聞いてくれる人がいたら、どんなに助けになるでしょう。

夫と義姉は6人兄妹。大家族の中で育ちました。義母は6人の子を産み育てたベテラン母さんですが、義姉も4人の子どもを育てるベテランママです。お料理上手でヨガのインストラクターでもあり、アロマを使ったりもしています。 たくさんの才能と優しさあふれる女性、身内ながらお勧めします!

義姉が認定を受けたのは一般社団法人ドゥーラ協会。
こちらをご覧ください↓
http://www.doulajapan.com/
義姉は「おおくぼちとせ」です。

茨城に住んでいるので出張範囲は牛久・つくば・土浦など。千葉県は常磐線沿線の我孫子・柏・松戸辺りまで出張可能なよう。
これは渡りに船!2人目懐妊の暁にはお世話になろうと思います(笑)

茨城や千葉東葛地域の方で、里帰りしないで出産される方、産後が不安な方、ぜひお問い合わせくださいませ!
posted by lesucrier at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2014年03月29日

初めての動物園

3月最後の土曜日。
天気もよく、家族で揃ってお出かけできるのは今日くらいだ!ということで、行ってきました。
当初はスカイツリーや隅田川散策を考えましたが。。。

うちの坊っちゃん、生まれてからまだ動物園に行ったことがありません。
今日は体調もいいし機嫌もいい、では上野動物園にしよう!と変更しました。

3人で荷物やベビーカーを抱えて電車に乗って。
今は歩きたがり、動きたがりで電車での移動が大変な時期。
夫がほとんど抱っこしてつり革につかまらせたりしてくれ、私は荷物担当しました。

そして上野駅に着いた途端、はっきりと悟ったのです。
今日ここに来るべきではなかった!
そう、世間は春休みに入って最初の週末。そして増税前最後の週末。
おまけに快晴で暖かいときたら、考える事みんな同じなんです!
公園口改札はものすごい人!
出口出るだけで20分くらいかかった。。。

それは動物園の入口前でも同様で、入園までに確実に30分以上並びました。
とにかく人人人!この時点でぐったりですよ…。
水分と日よけ、間をもたせるためのつまめるお菓子、必須です!

そんなこんなで苦労して中に入ったものの、肝心の息子はテンション低め。
もしかしてもう疲れた?
必死で盛り上げて、大物(象とかライオンとか)に絞って見ることに。
これも子連れはみな同じように考えるのか、どこに行ってもベビーカーや小さな子どもを連れた人たちだらけで、檻の前にたどり着くのが大変でした。

しかもお昼時、動物たちも休憩時間なのか暑さを避けるためか、けっこうの確率でいないし!
空っぽの檻とものすごい人を眺めに来たようなもの(笑)
そんな中珍しく息子が身を乗り出して見たのは。。。
DSC01208.JPG

ホッキョクグマでした。
DSC01207.JPG

今年の赤ちゃん誕生もダメだったみたいで残念でしたが、大人気のパンダ。
パンダ専用の行列に並ばないと見られないのですが、その脇を通った時、、、
見られた!
DSC01200.JPG

坊っちゃんは自分では歩きたがらず、お父さんに抱っこされてお猿を眺めたり。
父と子の微笑ましい後ろ姿。
DSC01215.JPG

程なくしておねむの時間になってしまい、夫と2人でキリンを見たりしました。
今までも2人で何回も動物園に来たことがあるのに、子どもが眠ってしまうと全然面白くない(笑)
息子に動物を見せてあげたい、喜んでほしいという気持ちが大きくなったのだな、私たちも親になったなあと感慨深かったです。

小さい子は長い時間いると疲れてしまうので、早めに切り上げることに。
本当はうさぎやモルモットを子どもが触れるふれあい広場に行きたかったけれど、そこも数十分待ちの行列。諦めました。

上野公園の桜は思った以上に咲いていて、ほぼ満開!
この日は22℃と5月中旬の陽気だったとのこと、一気に開花が進んだようです。
すごく綺麗!そしてすごい宴会の人たち(笑)
DSC01228.JPG

帰りにこれだけは!と決めていたパンダのスイーツ。
真ん中に小さなパンダがいるしっとりドーナツ。おいしかった!
DSC01229.JPG

どっと疲れたけれど、家族で出かけられて楽しかったです。
やっぱり桜はいいですね。
息子も来年辺りは自分で歩いたり、もう少し動物にも興味を示すことでしょう。
また行こうね!
posted by lesucrier at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2013年11月19日

11月になって

お久しぶりです。
すっかり寒くなって、今年はどうやら秋が短く、もう冬の気候になってしまったようですね。

気がつけば11月ももう後半…教室は行なっていますが、どうしてもブログまでたどり着けません。
うちの子の体調はひとまず落ち着き、保育園でも元気いっぱいに過ごせています。
でも、どういうわけか今月に入って夜泣きが復活、毎晩2〜3回は必ず起きておっぱいを欲しがります。

もう1歳3か月が過ぎ、周りのお友達や保育園仲間には卒乳する子もちらほら。離乳食もほぼ完了期になり、普通のお菓子や料理もたくさん食べられます。それなのに、うちの子は前よりも一層おっぱいに執着するようになった感じがします。
私は夜中起きるので寝不足&授乳の体勢のせいか腰痛がひどくなり、ちょっと疲れています。
おっぱいそろそろ終わってもいいのでは、もう十分母子の蜜月期を楽しんだなあと思ったり。

でもうちの坊っちゃん的にはまだまだおっぱい大好きで卒業はできないようです…家にいる日は昼間でも「ぱい」と言って服をめくったり、「ぱいないよ」と言うと世にも悲しそうな顔をして倒れ込み、泣き出します。→人の言っていることを理解しているのだなとわかり、面白いです。結局その様子にほだされて飲ませてしまいます。

起きている間はよく動き、あれが食べたいと要求し、おっぱい飲ませろと突進してきたり(笑)、いろいろないたずらを仕掛け、階段を昇って得意顔したりと1歳児はすごい!相手するのでへとへとになり、家事や仕事まで手が回らない〜。

と、育児の愚痴を書き連ねてしまいましたが、疲れながらも子どもはやっぱり可愛いです。
育児日記や裁縫、料理、やりたいことがほとんど何もできず、毎日子どもに振り回されてばかり…と思ってしまいますが、今1番必要なことは子どものそばにいることなのだと自分に言い聞かせます。
あっという間に成長してしまうのですから、今の可愛らしさを存分に楽しみたいです。

ブログはゆっくりペースですが、教室は頑張ります!

お母さんはお疲れモードみたいだけど、僕ちゃんは元気ですよー!
教室でも会いたいです!スマホを貸してくれると好きになっちゃうよ!
DSC09656.JPG
posted by lesucrier at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2013年09月08日

間に合わなかった?!

DSC08567.JPG
その眼差しはどこを見つめているの?

大好きなお友達から「出産しました」との知らせが届きました。
今月半ばの予定日だったので、もうすこしかなと思っていましたが…

なんと産院まで間に合わず、自宅マンションのエレベーター前で産んだそう。
産み落とした赤ちゃんをタオルでくるみ、産院へ運んだとのこと。
びっくり!

今までは間に合わず、自宅や車内で出産したというニュースなどを聞いてもピンとこなかった私。
出産を経験した今は、それがどんなにものすごい出来事なのか、もし自分にそれが起こったらどんなにパニックになるか想像できます。

お友達は4人目の子どもということで、ベテランママとはいえ大変だっただろうな、でも無事に生まれたようで、一緒に送られてきた写真の赤ちゃんは輝くような美しさ。よかった!よかった!

私の周りには子だくさんのお友達がたくさんいて、4人子どもがいる友人が10人くらいいます。みんな同年代!5人、6人という強者?も。少子化の時代に素晴らしい存在です。

逆に、私同様長い間子どもを望みながらも授からず、つらい思いをしている友達も何人かいます。結婚しているけれど子どもは持たないと決めている友達も。女性にとって選択肢がたくさんあっていい時代だと思いますが、生殖に関してははっきりと期限があり、悩みや迷いも深くなっていると感じます。

私はようやく子どもを持ったけれど、一人っ子になるかそれとも複数の子を持てるのかまだ未知数?
これは自分の思い通りにはならない問題なので、くよくよ悩むよりも今いる子を大切に育てたいと思っています。女の価値は結婚しているかどうかや子どもの数で決まるものでもないのですから(でもちょっと気にしているんですね)。

それにしても、子どもという存在をそばで見ていて思うのは、本当に清くて可愛らしくて、たくさんの希望と可能性に溢れているということ。私もかつてそうだったし、この世に生きているすべての人が同じ価値を持っているのだなと実感するようになりました。

ひとりの人も傷つけたくないし、無駄に死んでほしくないなと思います。
私はジブリアニメはあまり見たことがないという夫に言わせると「ほとんど非国民」みたいな人間(笑)ですが、宮崎駿監督が引退会見で言った「子どもたちにこの世は生きるに値するということを伝える」心構えで仕事をしてきたという言葉に心から共感します。

私は有名でもなんでもないしがないパン教師ですが、社会人として、母親になった人間として、次の世代の子どもたちが生きていてよかったと思える場所を用意する責任があると感じます。失敗やお恥ずかしいことをたくさんしでかしますが…

お友達の出産について思いを巡らしていて、子どもへの気持ちが膨らんできました。パン生地のように…(笑)本当におめでとう!この世へようこそ!
posted by lesucrier at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2013年08月21日

年子体験

仲良しのお友達が2人目を妊娠中です。

上の子はうちの坊ちゃんのちょうど1年先に生まれた2歳児。元気いっぱい、俗にいう「魔の2歳児」です。
そんな中、体調が優れずに絶対安静を言い渡されてしまったお友達。お腹の赤ちゃんを守るためにはずっと横になって過ごす必要があります。

私にはまだ一人しか子どもがいないので、上の子がいながらの妊娠や出産は未知の領域。でも一人目と違って小さな動きざかりの子がいながらのつわりや妊婦生活はとっても大変だろうなと思います。

1日だけ、上の子をうちで預かることになりました。少しでも彼女が休めるといいなと願いつつ…他にも親族やお友達家族のところに預けられていたこともあり、迎えに行ったら素直について来てくれました。

10時過ぎに預かり、その後の流れは以下のとおり。
うちの坊ちゃんとその男の子Hくんの2人を連れて公園に行って少し遊ばせ、車に乗せて家に帰り、昼ご飯を作って食べさせ、おやつをあげつつ相手をし、2人からの要求に応え、そのうち諍いが起こってきたので仲裁し(笑)、飽きてきたのでテレビを見せたり歌を歌ったり動画を見せたり。うちの子が眠くなってきたので寝かしつけ、Hくんと2人だけで遊び、おにぎりを食べさせ、高い高いなどして喜ばせ、お父さんに会いたくなってきたHくんを慰め、19時過ぎ。ついにお迎えが来て大喜びのHくんとサヨナラしました。

9時間ほどの保育経験でしたが、つ、疲れた!1歳と2歳の男の子ふたり、どっちも目が離せない動きをし、そしてどちらもこちらの言うことを理解できない年頃。いやあ、年子ってこんな感じなのかしら、大変ですね。そして保育士さんってすごい、子だくさんのお母さんってすごいと実感しました。もうちょっと大きかったら子供同士で遊んだりしてまた違うと思うのですが…双子や年子の小さいうちってお母さんひとりで子育てするのは難しいと知りました。

でも、長い時間一緒にいたからかHくんが少しずつ馴染んで甘えてきてくれてとっても可愛かった!人の子もかわいいと思えるようになりました。私にとっても本当にいい機会でした。

偶然にも赤シャツ+チェックのパンツでお揃いのような2人。兄弟に見えるかな?
DSC08461.JPG

こんな風にくっついていることが多かったです。体つきは殆ど変わらないくらいなのに、やっぱり1年違うとできることが違う!うちの坊ちゃんはまだまだ赤ちゃんみたいに感じました。

小悪魔その1。両手にアンパンマンのパンを握り、部屋中闊歩(笑)。床がすごいことに!
DSC08448.JPG

小悪魔その2。こちらは1歳なので1本だけ(笑)。だんだんワルイ顔つきになってきました。
DSC08450.JPG

仲良くしてるのかな、と思ったら後ろからギュウギュウ押されてた(笑)。
いいんです、男の子なんだから。
DSC08455.JPG

来年、うちの子がどんな感じになるのか予習できた感じです。母は体力つけてこの1〜2年を乗り切らなければ。
そして兄弟がいるといいなあと新たな夢が膨らむ一日となりました。
無事に赤ちゃんが生れますように!
posted by lesucrier at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2013年08月14日

ママ友との語らい

DSC08380.JPG

毎日溶けそうな熱気ですね。
散歩はおろか、買い物に行くのも難儀しています。
日中はほぼ部屋の中に引きこもり、夕方にようやく動き始めるという...。

最近仲良くなったママさんと息子くんが遊びにきてくれました。
子どもたちは同級生。うちの坊ちゃんが数か月早く生まれたのですが、このくらいの時期はほんの数か月でできることがガラリと変わったりするので、少しお兄ちゃんに見えます。
Sくんは優しい顔立ちで癒し系。でもアーウー大きなお声が出たり、車のおもちゃを手に取ったりと男の子らしい仕草も。うちの子と動きが似てる!

保育園のことなど話すうち、私たちも同年代ということがわかり、一気に親近感(笑)。アラフォーママってやつですよ。

高齢出産や体の具合、0歳児相手のバタバタ日常など、共通の話題で盛り上がりました。歩ける距離に子どももママも行き来して話せる友達がいるとありがたいなあと実感します。

また会おうねえといってお開きに。子どもたちはまだ交わりませんが、一緒に仲良く成長してほしいものです。
posted by lesucrier at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2013年08月08日

思いがけない贈り物

先週、贈り物が届きました。
高校時代の友達から。遠く離れて暮らし、お互い結婚して随分長くなって、もう何年も会っていない友です。

同級生の中でも早く結婚した彼女は3人の子どものお母さん。
それだけでなく、看護師、調理師としてバリバリ働いた経験もあるし、最近は助産院でお仕事していたみたいで、本当に多才&素敵な女性です。

かわいい雑貨がたくさん!大好きなマディのもの。
DSC08171.JPG

教室を再開する私にと、木の軽量スプーンやメモパッド。すごくかわいい!
大切に使いたいと思います。

そしてなんと...子ども用エプロン!
DSC08172.JPG

男の子が生まれて、最初は娘と違って一緒に料理できないなあ、つまらないなあ...と思いましたが。
今時の男子は料理男子や弁当男子、イクメンといろいろいるのだし、そのように育てればいいか!と希望にあふれています、今のところ(笑)。

なのでエプロン、とっても嬉しい!
待ちきれなくて着せてみますと。

ジャーン!僕ちゃん、パリのカフェにいるギャルソンみたいでしょ。タブリエっていうんだよ。
DSC08179.JPG

ちょっと裾が長い(笑)でもすぐに着て料理できるようになりそう。楽しみです。

私に子どもが生まれたことをとても喜んでくれました。
まだ十代の若い頃からの友達とこうして繋がっていられてありがたいです。
Oちゃんありがとう〜!
posted by lesucrier at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2013年07月29日

祝!1歳

うちの坊ちゃんがついに1歳の誕生日を迎えました。
この1年、本当に早かった...体の痛みや寝不足や、大変なことが次々でしたが、でも初めての赤ちゃんを迎えて本当に幸せな時間を過ごせました。

去年の今頃のことを思い出しながら、無事に1年過ごせたことを感謝しました。
誕生日当日はパン教室だったので、息子は保育園へ。
保育園で先生方から「誕生日おめでとう!」と祝ってもらい、素敵な写真と手形入りの色紙と手作りのおもちゃをいただきました。いろいろな人の助けを受けて子どもを育てていけることもありがたいです。

さて、多分息子の一生のうちで1番気合を入れて迎えたであろう誕生日の様子を。

部屋の飾りつけは既成品で。この辺りは才能がないので...
DSC07895.JPG

レッスンの際、生徒さんから息子にとプレゼントをいただいてしまいました!
Mさんからはミキハウスのかわいいくまちゃんパンツ。
DSC07894.JPG

そしてAさんから同じミキハウスのソックス。うちの子すごく足が大きいのですが、ちょうどいいサイズで嬉しい!
DSC07934.JPG

コーディネートして着せたいと思います。

やっぱり日本人の初祝といえば、一升餅!
大人2人だけしか食べないのに注文してしまいました。でっかい!
DSC07943.JPG

背負わせて、財布とボールと鉛筆を並べて、どれを手に取るか...やらせてみましたところ。

餅が重すぎてこうなった(笑)
DSC07974.JPG

バースデーディナーは牛肉と鶏肉のハンバーグ。にんじんを型抜きしただけで疲れた...キャラ弁はやっぱり無理かも?
DSC07958.JPG

本人、母の苦労は全くスルーしてバクバク食べました(笑)。

そして私としては最も尽力したお祝いパン!
うさぎと猫パン作りましたよーこれも一生分頑張ったかも(笑)
DSC07869.JPG

ケーキまでは手が回らず、注文しました。
これは何ですか?僕ちゃんのためのものなの?なんだかユラユラ光ってます。
DSC08017.JPG

既にお菓子はいろいろ食べさせていますが、かしこまったケーキは初めて!
スポンジケーキ、生クリーム、いちごとブルーベリー、いちごムース。どれもとっても甘くておいしい!
グルメ番組の中尾彬みたいな顔(笑)かなり味わってました。
DSC08022.JPG

誕生日プレゼントはハイチェアとおもちゃのピアノ。辻井伸行くんみたいに才能開花しないかしら、との下心から...それなりのフォーム?
DSC08032.JPG

次から次に出てくるので、夫が「これいくらかけたの?やりすぎでしょ!」と呆れ顔。
私も翌日は死にました...

ずっと夫婦2人の暮らしだった私たち、それは穏やかでとても幸せな日々でしたが、小さな赤ちゃんが来たことでドタバタながらも賑やかになったなあと感じます。シックな色合いだった人生に突然カラフルな彩りが加えられたような。

怒ることも増えてきて、子育てはいいことばかりではないなと実感しますが、でも息子が生まれてきてくれて本当に嬉しい、ありがとうという気持ちです。
これからも一緒に過ごしていこうね。
posted by lesucrier at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2013年05月24日

ル・スクリエの保活事情

パン教室を再開して2か月になろうとしています。
まだまだゆっくりペースですが…

今までと違う点は、私のそばに赤ちゃんがいること。
年明けから再開した保存食教室やパンの個人レッスンでは赤ちゃんがいながらレッスンしていますが、難しさを感じます。

作業や教えることに集中しなければならないのに、赤ちゃんはもちろん関係なく泣いたりぐずったりします。2月くらいからはハイハイやつかまり立ちが始まり、目が離せない状態となり、一層大変に。一応客商売なのに…!生徒さんにお助けしてもらって何とかやっているという感じです。

3月、教室を再開するなら子どもを保育園に預けなければと思い、市内の保育園に電話しました。その時赤ちゃん7か月の終わり。4月から再開となると、生後8か月から保育園に行くことになります。最初、1歳にもなっていない赤ちゃんを保育園に預けるのはかわいそうかしら…と躊躇する気持ちがありました。

もちろん0歳児を預けてフルタイム勤務されている女性がたくさんいるし、待機児童問題が深刻な昨今、逆に1歳を過ぎてからでは認可保育園にはどこにも預けられないというではないですか。私の場合は自宅での料理教室、週に1〜2回の一時保育を利用することになるので、そこまで頑張って「保活」することはなかったのですが。

実際のところ動きまわって目が離せない赤ちゃんがいながら教室を行うのは大変なので、預けるところが必要という切実な感覚がわかりました。

いくつかの保育園とやり取りをした結果、近所の認可保育園の一時保育枠で4月からお世話になることに決まりました。よかった…。

初めて預けた日は「泣かないかしら、おっぱいなしで半日(慣らし保育で半日だった)乗り切れるかしら」と心配でした。まだ母乳を飲んでいるので、何時間も離れたことがあまりないのです。迎えに行った時、我が子は泣きもせず保育士さんに抱かれて機嫌よく過ごしていました!

それから何度か預けていますが、離乳食もよく食べてフルタイムのお友達と一緒に遊んだり、先生たちと楽しく過ごせているようです。ありがたいことです。

このことを通して、女性が働く上で子どもをどうするかは大きな問題だと学びました。このところ連日報道で取り上げられている待機児童問題、今すぐに解消しなければならないのに…と政治の怠慢を嘆いています。

さてル・スクリエですが、基本的に木曜と金曜に教室がある日は私の子どもは保育園に行きますが、おひとりのレッスンとなる時は赤ちゃんがいる場合があります。保育料分の利益が確保できないので…あしからず。個人レッスンの際は赤ちゃんがそばにいます。

これからもっとお教室を頑張ってたくさんの方に来ていただき、わが家の坊ちゃんが立派な保育園児になれるように(笑)頑張ります!

僕ちゃん、家ではまだおっぱい飲まないとダメなのよ。お母さんに放っておかれるといたずらしちゃうぞ!
DSC07111.JPG
posted by lesucrier at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2013年01月22日

離乳食開始

我が家の坊ちゃん、ついに離乳食を始めました。

完全母乳の赤ちゃん、できれば長くおっぱいをあげたい…
そして食物アレルギーにはなってほしくない!との思いから、離乳食はなるべく遅く始めたかったのです。

でも、年明けあたりから毎日感じる熱視線…
私がご飯を食べていると、赤ちゃんがじーっと見つめます。
そしてよだれがダラダラ(笑)
何でもなめたり噛んだりしたがり、私の指をばくり!本当に痛い!

他の赤ちゃんと比べても大分早い時期に歯が生え始め、この子はもう食べたい気持ちや食べる準備ができているのだなあと思い、5か月半になった先週からおかゆを与え始めました。

記念すべき初めてのおかゆ。この世で初めて食べる食べ物です。
DSC05276.JPG

よく、おかゆは嫌がってべーっと出してしまうという話をよく聞いていたので、もし出しても仕方ないなと思っていました。

しかし、スプーンを口元に近づけるとものすごい勢いでばくっ!
普通の子どものように食べました(笑)
病気の時1回あげたきりだった麦茶も、スプーンで上手に飲めました。

1週間経った今では3〜4さじ、いやもっと食べられるようになりました。
今週からはにんじんやほうれん草などの野菜もプラス。
今のところおいしそうに食べてくれます。

僕ちゃん、ご飯も大好きです!
もう歯もしっかり生えてきているんですよ、お兄ちゃんみたいでしょ!
DSC05243.JPG

もう少ししたらパン粥に挑戦。
初めてのパンはお母さんが心をこめて作りますよ!
posted by lesucrier at 19:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子育てなど

2013年01月13日

感動の初対面

連休の中日、懐かしい友人やお友達家族に会いに遠出しました。
夫も一緒、3人でのロングドライブです。
道路が空いていて2時間で着いた!

まずは立川。
長い間夫婦で住んでいた思い出の街です。
赤ちゃんが生まれ、3人家族になったことをたくさんの友人が喜んでくれました。
積もる話をおしゃべりして、後ろ髪を引かれる思いでおいとましました。

続いて八王子に向かいました。
夫婦共に親しいお友達夫婦に会いに。
彼らにも6月に赤ちゃんが生まれたので、子供同士も同級生になります。
離れているのでなかなか会えないけれど、ぜひとも友達になってほしい!

感激の初対面!赤ちゃんサミットの開会です。
握手しましょう!会いたかったですよ!
DSC05220.JPG

おしゃべりしよう…君、今何キロある?僕とおんなじくらいだね。
DSC05215.JPG

え、寝返り?僕得意だから教えてあげる。こうするんだよ。やっ!
DSC05216.JPG

君、お目目ぱっちりでハンサムだね…髪の毛もふさふさだし、羨ましいなあ。
DSC05218.JPG

総じてうちの赤ちゃんの方がちょこちょこ動き、お友達の赤ちゃんはおっとりと静かな感じでした。
予定日も近く、体重も同じくらいですが、顔はもちろん性格も違いが感じられて面白かったです。

2人ともどんな子になるのかしら…将来が楽しみです。

たくさんの人に会って、疲れながらも楽しい一日でした。
posted by lesucrier at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2012年12月04日

成長と病気と

師走になりました。
今年ももう数週間で終わってしまうなんて早い!

先月後半から家族みんなで胃腸炎になったり、検診や病院通いが続いたりと慌ただしく過ごしました。
気温や湿度が低く、外出するのにも神経を使います。
今年は例年より寒い冬になるとか。風邪や病気に気をつけましょう。

このブログもすっかり本来のパンの話が少なくなってしまって心苦しく感じます。
そろそろ教室再開も視野に入れて、いろいろ動かなくては...と思うのですが。
パンの方は少し再開が遅れそうです。
というのも、赤ちゃんの授乳間隔が思った以上に空かず、今も昼間は1時間おきくらいなのです。
赤ちゃんとべったり一緒にいて、おっぱいをあげられる時期は今だけかな、赤ちゃんのペースで過ごしたいなという気持ちになっています。

でもおいしいパンを生徒さんと一緒に作りたいという気持ちももちろん持っています!
天然酵母でいろいろと作りたいパンやお菓子がありますので、しっかり修行してお伝えできたらと思います。

ちょっとご無沙汰しているうちに、僕ちゃんは首が座りましたよ!
お父さんとお母さんがご飯を食べている間もお座りして待っていられます。
ダライ・ラマみたい(笑)
DSC04684.JPG

手をあげろ!
平和主義の僕ちゃん、無抵抗で手をあげます。
DSC04696.JPG

もうテーブルの上に座布団敷いて寝かせるのも無理が出てきました。
こんなにはみ出しちゃう(笑)

今月になって、夜中に起きることがまた増えてきました。
これから夜泣きの時期が始まるのかしら。

また、よだれがダラダラ出てきたなと思ったら、なんと歯が!
4か月で歯が生えてくるって早いのでは?

と、急成長を遂げています。
年が明けたらいよいよ離乳食が始まり、ママ業も忙しくなりそうです。
posted by lesucrier at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2012年11月21日

初めての病気

我が家の坊ちゃん、初めて病気になりました。

おととい夜中から授乳した後すごい量を吐くのです。今まであまり吐かない子だったからびっくり!
何回も着替えさせました。

下痢も始まったので、心配でたまらなくなりました。
そういえばお友達の赤ちゃんも嘔吐下痢をしたそうだし、どこかでもらったのかも。
低月齢の赤ちゃんは脱水症状が命取り。何とかしなければ...

朝イチで近所の小児科に行こうとしたら...休診!
知り合いの病院に行こうと思いましたが、火曜は外来をやっていないようで、ここも挫折。
寒い朝、私の運転技術でも行ける小児専門病院は...と調べ、車で15分くらいの病院に電話しました。

洗濯を済ませ、午前の受付ギリギリで滑り込みました。
予防接種をしている時間帯で40〜50分待ってください、と言われベンチで待ちました。
ぐずるかな?と思ったけれど、割りと機嫌よく待てました。

先生は赤ちゃんを見るなり「大きいね!」
5回くらい大量に吐いて下痢も数回、私から見ればすっかり小さくなってしまって弱々しくみえるのですが...。
「機嫌もいいし、顔色もしっかりしてる。お腹も痛そうじゃないし...まあ、お腹の風邪でしょうね。この薬飲んで様子を見てくださいね」とのことでほっとしました。

帰宅してもさすがにおとなしくしていました。
僕ちゃん、元気になるようにひとりでお祈りしますね。
DSC04612.JPG

最近はあまり昼寝もしなくなっていましたが、昨日はけっこう長い時間眠っていました。
夜になり、いつもはお乳を飲んで寝るのに、夫が寝かしつけてぐっすり。

そして一晩明けて今朝、もう吐かなくなりました。
目もぱっちり開いて元気な様子。よかった!

昔の田舎の子どもみたいに赤いほっぺだけど、僕ちゃん元気になったよ!
DSC04617.JPG

突然の子どもの病気やお世話、病院探しは大変だなあと実感しました。
テレビのニュースでも今年はノロウイルスが爆発的流行の兆し、と報じていました。
胃腸炎、気をつけましょうね。
posted by lesucrier at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2012年11月02日

HAPPY BIRTHDAY!

今日は夫の誕生日でした。
そして我が家の赤ちゃんも生後100日を迎え、二重の記念日となりました。

いろいろ、夫の好きな洋風の料理でお祝いしようか、それともお食い初めの料理をしつらえるか…と考えましたがどっちも挫折(笑)。簡単なお祝いになりました。

でもパンを作りたくなったので、赤ちゃんが泣きそうな横でせっせと成形しました。

じゃーん!「100日記念ブリオッシュ」
焼くと縮んで崩れるので、焼く前のをパチリ。
DSC04413.JPG

細いので固めの焼き上がりですが、しっかりバターを効かせているので味はおいしいです。


そしてお食い初めといえば、鯛のお頭付き塩焼き。
僕ちゃんは食べられないけど、僕のためにありがとう…きみ、いつもこの家で食べられるさんまや鯵より大きいね。
DSC04409.JPG


100日。あっという間でした。
身長も体重も成長曲線の上の方で、大きく育っています。
私は完全母乳で、おっぱい問題もひとまず落ち着き、外出もできるようになりました。
子どもを育てるのは大変だけれど、かけがえのない喜びも与えてくれます。

見てみて!僕ちゃん、モノをつかめるようになったんだよ。
DSC04383.JPG

少しずつ成長する姿を見られるのは幸せです。どんなにゆっくりでもいいよ、と今は思うのですが、これが学校に入るようになると「早く早く」「他の子に比べてあなたは…」となってしまうのでしょうか。
気をつけたいです。

この世に生きているすべての人に誕生日があり、親がいるのだなあと改めて思うのです。
誰にとっても誕生日は「生まれてきてありがとう、おめでとう」の日ですね。
posted by lesucrier at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てなど

2012年10月25日

冬の心配

真夏に生まれたうちの赤ちゃん。

ちょうど3か月になり、100日が見えてきました。
生まれた時は何にもできない小さな赤ちゃんだったのに、今ではいろいろできるようになりました。

皇族のような高貴なお手振り。寝ながら練習しています(ウソ)。
DSC04134.JPG

指しゃぶりもするように。お母さんが忙しくておっぱいあげられない時は自己調達しますのでお構いなく。
DSC04152.JPG

数年後の運動会に備えて、パン食い競走の練習も。
DSC04169.JPG

お祝いにいただいたバンボにも座れるようになってきました。まだちょっと、ぐらりとします…
DSC04270.JPG

何よりお母さんをびっくりさせたのは、このかくしゃくたる姿。いつの間に首を持ち上げられるようになったのでしょう。
DSC04269.JPG

…と、親ばかな写真を載せてしまいましたが、本題はここから。
夏場は半袖の肌着1枚とおむつだけで転がってましたが、寒くなって何を着せればいいのか、新米母さんは悩んでいます。

家では薄着&裸足がいいのか、でも足が冷たくなっているとかわいそうになったり。

寝る時は一体何を着せればいいのか?手だけ布団から出てしまったり。

この頃手足がよく動くようになって、布団をはいだりするようになってきました。

これから迎える初めての冬、小さな赤ちゃんは耐えられるかしら…寝冷えして風邪を引いたらどうしようとハラハラです。生後6か月で母体からもらった免疫は切れるというし、うちの子は真冬に6か月になるので、病気になったりするのかなと。

昨日は散歩に行くのに重装備。ユニクロで買ったフリースのつなぎを着せ、帽子もかぶせて出かけました。
レイソルも近いし、僕ちゃんサッカー選手目指すかな!シュート!
DSC04266.JPG

でもちょっと暑かったみたいで…途中お店の中で脱がせました。まだうまく調節できない母さんでごめんねえ。

夜寝る時に着せるスリーパーみたいなものを用意したいと思っています。
かわいい子ども服がたくさんで、迷ってしまいますね。

寝ぞうの悪いベビーも安心♪あったか快適2wayお寝んねスリーパーモニター募集 ←参加中

BabyGooseWEB本店

まるで本物の食感!ダイエットにオススメな「大豆ミート」なら通販のソォーイ♪
posted by lesucrier at 16:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | 子育てなど

2012年10月04日

初めてのキャラ弁

先月末のことですが。
プロ級のキャラ弁を作る友人がいて、いくつものコンテストで受賞している腕前。彼女がキャラ弁の作り方を教えてくれることになりました。

私は自他共に認める大雑把&ずぼらな性格。パンは何とか作れますが、緻密な作業が必要なキャラ弁は一生縁がないものと思っていました。

しかし子どもが生まれ、幼稚園くらいからお弁当作りが待っています。彼女ほど本格的でなくとも、キャラのひとつやふたつ、作れるようになりたいと思い参加しました。

彼女のお宅に10人を超える主婦や女子大生、小学生の女の子がお邪魔して実習しました。即席キャラ弁教室ですね。
私もパン教室しているので前準備をよくしていますが、お弁当の下準備はとっても大変だと思いました。10種類近くのおかずを前もって作っておき、この人数分の作業スペースを確保して、道具や食材の下準備…お子さんが4人もいる忙しい主婦の彼女、前日からかかっていたそうで本当にありがたいことでした。

まず、ひまわりのように華やかな卵焼きのお花を作りました。
みんなでわいわい。誰が不器用かわかります(私)。
DSC04031.JPG

先生とキャラ弁グッズ。小さな抜き型やストローなど、細かいものがたくさん!
DSC04035.JPG

市松模様のりんごを作りました。小学生の女の子たちはいろいろと作り始め、こんなにかわいいりんごがずらり。アイデア勝負ですね。
DSC04040.JPG

私は「かぶりもの」をかぶったキャラのおにぎりが作りたい、と事前に相談していました。
そこで先生がかわいいうさぎさんの作り方を伝授してくれました。が…左の先生作のものとは明らかに何かが違うのです。
これがプロと素人の差ね…私のは大きすぎて、2個入れる予定が1個でお腹いっぱいになりそうに(笑)。
DSC04043.JPG

そんなこんなで2時間くらいの作業の後、ついにキャラ弁が完成!生まれて初めてこんなにかわいい弁当を作った…といってもほとんど先生が用意したおかずを詰めたものだけれど。でも達成感ありました!
DSC04046.JPG

全員の作ったお弁当を並べてみました。壮観ですね。
お年寄りや当日来ていない家族のためにお届けする分も作りました。仕出し屋さんみたい…。
こんなかわいいお弁当をもらったら嬉しいだろうなあ。味もとってもおいしかったです。
DSC04050.JPG

とっても素敵な時間でした。
先生をしてくれた彼女は見た目だけでなく、30品目の食材を使うよう心がけたり、家族が食べてくれるよう心を砕いているようで、味も栄養価もバランスの取れたお弁当でした。すごい!

私もすっかり感化され、頑張るぞーと意気込んだものの、ひとりでこれを作れるのか不安です。手作りの弁当はどちらかというと食べられればいいか、くらいの意識なもので…。
でもまずは形から、早速ピンセットを買いました。指に海苔がくっつくんですもの。まずは顔からやってみるか!

数年後、うちの子はキャラ弁を持って幼稚園に行けるんだろうか…日の丸弁当をコソコソと食べてる気もします(笑)。

たくさん準備して教えてくれてありがとう!
posted by lesucrier at 11:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子育てなど